株式会社シンセイ

株式会社シンセイ|自動車部品やパソコン部品等のアルミダイカスト金型の試作、製造

お問い合わせ

 

HOME»  アルミダイカスト金型

アルミダイカスト金型 (金型設計、製造の流れ、工程表)

受注・金型設計

受注・金型設計

 

受注・金型設計

 

受注・金型設計

素材形状検討 金型設計 3Dモデリング 金型設計 3Dモデリング

 

受注引き合い お客様より素材図面、鋳造情報などをご提供頂きます。
素材形状検討 お客様より頂いた素材図面、CADデータ、鋳造情報をもとに設計担当者が以下の内容の構想検討を行います。

検討事項
金型の成立性(型割り)の検討
ゲート、P/L、湯流れ、押出しの検討
抜き勾配、角部、隅部のR、製品肉厚の検討
顧客要求(寸法精度、面粗さ、表面処理等)の検討
方案検討 設計者が検討した内容を元に以下の内容の構想検討を行います。

検討事項
湯流れ解析
凝固解析
金型レイアウトの構想
お打ち合わせ 設計者が、検討した内容をもってお客様と打ち合わせを行い、金型仕様を決定いたします。
素材図作成 お客様との打ち合わせにて決定した内容をもとに、素材図面を完成させます。
金型設計
3Dモデリング
素材図、打ち合わせ内容をもとに、図面を3Dモデリングし金型設計していきます。
(設計から製造開始までのタイムロスを削減するため、3Dによる金型設計を目標としています。)
直接切削するのか、電極を作成し放電加工するのか等、打ち合わせにて検討いたします。
その内容をもとに、焼入れ前工程の切削内容を決定します。

 

金型製造開始

金型製造開始

 

金型製造開始

 

金型製造開始

焼入れ前工程 焼入れ前工程 直彫り高速加工

 

金型製造開始

 

金型製造開始

   
電極加工、放電加工   電極加工、放電加工    

 

焼入れ前工程 2D、3DCAMを駆使し孔あけ、製品形状の荒取り加工。
焼入れ処理 材料によりメーカを分けています。
直彫り高速加工 焼入れされたキャビ、コア部品をCAD/CAMデータをもとに直接形状を掘り込む3D高速加工を施します。切削のみで対応可能な金型において加工工程が集約されると共に、段取り替えによる、誤差、タイムロスがなく、高精度の寸法、形状が得られます。
安定した面品位が得られるため、ミガキなどの後工程での工数削減も期待できます。
電極加工、放電加工 グラファイト材を使用した電極作成~放電加工
製品の凸形状を機械加工により電極として作り、これを放電加工にて凹形状を作り出すもので、当社ではグラファイト材の切削製の良さや、最新鋭の放電加工機を導入したことにより、加工時間短縮に大きく貢献できるものとし、製品形状部など、直彫り加工不可な形状などに電極を作成し、放電加工を施します。
磨き・組付調整・完成 製品の離型性を考慮したミガキを施し、構成部品の累積寸法を調整し組み付を行い金型が完成します。